ニキビ跡をきれいに消す方法とは

成人の90%がニキビに悩んでいる。

ニキビになる年齢層は、13才位から20才前後が多い。

この年齢期には身体づくりのため成長ホルモンの分泌が盛んになり、この過剰反応として毛穴が詰り発症するもの。

この症状は、一旦できてしまうとなかなか治らない。

直ぐに皮膚科に駆け込む人はいいが、殆どの場合自己流で対処しようとする。

あれこれ軟膏などを使い、改善されたとしてもニキビ跡が残る。

また、自己流では悪化させてしまうことも多々ある。

ニキビ跡をキレイに消すには、当初から専門医の門を敲くことがベストと言える。

ニキビとは皮膚病の一種で青春のシンボルなどと言って安易に考える人も多いが、素人治療で症状が悪化すると、たとい治ったとしても少なからずニキビ跡が残るものだ。

そこで、気になるニキビ跡を完全に消す方法はないのかということだが、これは、軟膏などの薬を使わず、症状に応じてクレータ形状になった皮膚を有効な成分を含有した化粧品で消す方法が一般に行われている。

そもそも、ニキビの原因は毛穴詰まりであって、常日頃から洗顔ケアを丁寧にやることによって防ぐことができる。

又、発症部位について、ニキビといえば顔を連想するが胸や背中にも出来る。

原因の第一は肌のケアであるが、緊張・ストレス・睡眠不足などに起因することもある。

さて、軟膏などで或る程度良くなったが、どうしてもニキビ跡が残って治らない場合の手段として、跡を消すためによく使われるのが、専用の化粧品である。

これらの中には、個人的に適応度が違い、注意しないとトラブルの原因になる。

使用の際には薬剤師や医師の指示を仰ぐことだ。

方法としては、当初一回だけ使ってみる。

見事ニキビ跡を消す事が出来ればOKだが、体験者の声などでは、成功例は50%程度にとどまっている。

最終的には皮膚専門医で、症状に合ったステロイド系軟膏や飲み薬を調剤してもらうのも一つの方法だが、ステロイドは一時的に改善されても又ぶり返すこともある。

重症にはレーザー治療や光治療というのもあるが、これらは自費診療になることが多い。

化粧品や医学的治療に関しての詳細はココで調べること。

ニキビ跡を消すいい方法がこちらのサイトに載っています